« October 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.26

出雲に遠征

Kiji2236800scg
Maganb23011024cgHimesiju23641024cg
height="75" border="0" style="float: left; margin: 0px 5px 5px 0px;" />
Tageri21501280ttgc
Tugumi21681024ttcg
06.11.26 出雲は雨90%の予報にも拘わらず殆んど降らなかった。タゲリは斐伊川河口の中洲だったので非常に遠かった。ツグミは電線から降りたところにそろっと近づいてみた。マガンが見られないまま帰りかけていたら、大きな群が少し遠いところに降りるのが見えた。車で近くまで行ったら、目の前にキジが居た。マガンの群の中に1羽だけシジュウカラガンが見付かった。図鑑で調べたらヒメシジュウカラガンとあった。首に白い輪がないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.25

ヤマガラ

Yamagara21351024cg
Yamagara21361024cgi
06.11.25 早朝によく行っていたハイツ桜園に午後行ってみたが、上空をノスリらしき大きな鳥が飛んでいただけだった。梅園にも立ち寄ってみたがヒヨばかりだった。紫陽花園に降りる通路でしばらく待ってみた。ヤマガラが一羽だけやってきて近くの大きな木に止まってくれた。枝被りでうまく撮れなかったが、今日はこれだけだったのでまあよしとするか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.23

ユリカモメ

Yurika20181024cgs
Yurika21121024cgt_filtered
Yurikamo20531024cgt
Yuriks20821024cgt_filtered
06.11.23 午後3時半、なんと、もう夕方だ。薄暗く北風が強かった。錦海団地の南の入り口の橋の上には今年もユリカモメの群がずらりと並んでいた。暗くてssが上がらず、風で揺れるのでブレた写真の量産だった。高速連写でも撮ってみたがやはり荒れ方がひどい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.19

小雨の朝

Isohiyo17601280ttjigttt
Mozu16871600ttc
Mozub16741280tci
Mozu17041280ttji
Aosagi18721024cg
06.11.19 雨が降りそうだったが、思い切って鳥撮りに出掛けてみた。尾高のヤマガラはブレブレで写真にならなかった。やはりモズのようにじっとしていてくれないとデジスコは難しい。早めに山を諦めて安来干拓の堀に行ってみた。マガモがきれいだった。帰りがけに屋根の上のシルエットの鳥を見つけた。ちょっと見慣れない姿だったので双眼鏡で確かめた。おやイソヒヨドリではないか。完全な空抜けで背景に山を入れることは出来なかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.17

米子水鳥公園のお友達

Kanmban1532800tc
Kaituburi1541800cg
Mozu16471024tcgi
Onagagamo1545800_1
Suzume16551024c_1
06.11.17
06.11.17 昼休憩の米子水鳥公園。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.12

車窓デジスコ・コハクチョウ

Kohakub7786640c1w
Kohakub7716640c
Kohakub7735640c
Kohakub7720640c
Kohaku7764640cgc
午後4時頃、水を張った田んぼにはまだコハクチョウは降りていなかった。あちこちに群を成して田んぼの餌を漁っていた。カーウインドポッドを使った車窓デジスコは、鳥を驚かすことがなく思ったより良い使い勝手だった。車から下りて三脚を構えたりすれば、間違いなく飛ばしていただろうと思われる。まだ照準器が不備で、レンズ付きフードも用意していなかったので、少し不便ではあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.11

車窓より

Kohakutyou7581_filteredc
06.11.11 マンフロットのカーウインドポッドにベルボンのFHD-51Qを載せて初めてフィールドに出掛けてみた。スコープはジオマED67S、デジカメはニコンのE5200を使ってみた。
雨の夕方4時頃、コハクチョウの餌場に向かった。今期初めてだ。雨の降り続く中、窓お開けてデジスコをセットした。スコープはしっかり濡れたが、人間の方は濡れないで済む。こういうときにカーウインド・セットは一番威力を発揮するようだ。相当暗かったので、被写体が少しでも動くと被写体ぶれが大きく歩留まりは悪かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »