« May 2006 | Main | July 2006 »

2006.06.27

米子水鳥公園の夕波

Kuroharaa3911640sscg
Kuroharaa3946800ssct
Kuroharaa3947640sscg
06.6.25 夕方の公園は静かな波が綺麗だった。クロハラアジサシが4羽来ていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.25

スズメ

Suzumeb3830800ssc
Suzumeb3833800ssct
Suzumeb3826800ssc
06.6.25 児童公園となりの草原。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっとヒバリが

Hibari3624800scct2
Hibari3625800scc
06.6.25早朝、日野川河川敷でやっとヒバリが撮れた。飛んでるところはよく見かけても
地上に下りると姿が見えなくなってしまうので、これまでいいチャンスがなかった。
今日は、草の短い場所でよくヒバリを見かけたことのあるところで、しゃがみ込んでじっと待ってみた。上空から羽を広げたまま滑空するように、すーっと下りてくるところから見ていたのだった。地上でも囀ってくれたのは、サービスが良すぎると思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.23

ムクドリの若

Mukuw3379ssc
Mukuw3420sct
Mukuw3548scs
Mukuw3368ssctt
06.6.23 夕方、庭の楠の大きな枝に鳥影が見えた。デジスコで覗いてみるとムクドリの若だった。最近近くの電線にムクがよく姿を見せるようになっていたが、まさか幼鳥がいたとは気が付かなかった。ムクが来る様になったのは最近のことで、我が家の庭で巣立ったとは考え難い。
ヒヨの幼鳥は10日位前から庭の柿の木でツーツー鳴いていた。ムクの幼鳥の声は聞いた覚えがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒヨドリ親子

Hiyooyako3237640ssc_filtered
Hiyooyako3260640sc_filtered
Hiyo9oyako3262640ssc_filtered
06.6.23 早朝、まだ少し薄暗い時間で厳しい撮影条件だった。こういう時には良かろうと思って、高速連写を使ってみた。ISO 800と表示されていた。当然の如くノイズが多かった。
Neat Imageでノイズ除去しないと見られなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.22

夕暮れのヒヨ

Hiyoyu3185800sscg_filtered
Hiyoyu3181800sscg_filjigt
06.6.22 どんよりと薄暗い夕方、30~40m先のアンテナでヒヨが囀っていた。遠く、暗く、空抜け、しかも逆光ときたら、いくらレタッチやっても綺麗には絵が作れない。接眼48倍だとなお更だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨のヒヨ

Amehiyob3071640sscg
Amenohib3091640sscg
Amehiyob3063640sscji
06.6.22 早朝まだ薄暗い中、びしょ濡れのヒヨがアンテナにやって来た。暗いのでブレたものがいっぱいあったが、連写とヒヨの動きがマッチすれば止まった写真も撮れていた。びしょ濡れでも囀るのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.20

早朝の子スズメ

2suzumenoko2984800ssttcgji
Biwasuzume3005800ssttc
06.6.20 早朝5時~6時に我が家の屋根裏部屋から覗いていたら、近くのアンテナで2羽の子スズメが親鳥に餌を貰っていた。御飯粒だったとみえ、一羽の子スズメの嘴に御飯粒がくっついた
ままだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.18

寂静山のキビタキ

Kibitab2797800sscgtt
Kibitah2790800sscttjit
Kibitab2782800sscgttji
Kibitab2799800sscgttji_filtered
06.6.18 早朝川床に行ってみたが収穫なし。仕方なく寂静山に登ることにした。今回は中の原スキー場から山に入った。頂上近くになって、ようやくきれいな囀りが聞こえ始めた。最初は近くで囀っていたのに発見できなかった。もうすぐ頂上というところで、またまたきれいな声が聞こえ始めた。そっと双眼鏡を向けてみると、キビタキの鮮やかな朱色が目に飛び込んできた。
写真は、逆光の上、近くの木の葉が被ってしまいとっても不満足なものになってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.17

オオヨシキリの若

Ooyo2763800sscgtt
Ooyo2766800sscgtt
Ooyo2773800sscgtt
06.6.17 児童公園で最後に見つけた。もう大分薄暗くなっていたので、ブレたものが多かった。若でも口の中は一人前に真っ赤だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

児童公園のオオヨシキリ

Ooyo2710800sscg
Ooyo2675800sscgg
Ooyo2666800sscg
Ooyo2637800sscg
06.6.17 夕方5時過ぎに弓ヶ浜児童公園に行った。セキレイぐらいは居るだろうと思ったのだ。海岸まで足を伸ばしてみたが、スズメとオオヨシキリの声だけだった。セキレイは上空を飛び過ぎる姿を見せたが撮る段階に至らなかった。帰りに、もしや姿が見られるかもしれないと、双眼鏡で川の両岸の葦の繁みを探索してみた。おやおや、割りに近くでオオヨシキリが姿を見せているではないか。ここは川の両岸は散歩道になっていて人通りが多い。人に馴れているのだろうか。ここはオオヨシキリを撮るには絶好のスポットと言えそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.16

クロハラアジサシ

Kuroha2433800ssc
Kuroha2457800ssc
Kurohara2374800sstt
06.6.16 日野川河口で見たコアジサシの群に、クロハラも混じっていた。はっきりとクロハラと思われるものと、顔まで黒っぽく、一体これ何じゃ、と言いたいものもいた。でもクロハラ以外には考え難いので、そうしておこう。それにしても、汚い顔してるなあ。その内多少はきれいになるであろうが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

コアジサシ

Koajis2382800sstt
Koajis2390800ss
Koajis2417800ssc
Koaji2471800ssttc
Koaji2489800sc
06.6.16 早朝、日野川河口に行った。11日の日曜の夕方にコアジサシの30羽ほどの群を見たので、今日はデジスコで撮りたかったのだ。やはり大群がいた。砂にうずくまっているものもいた。河口を塞ぐ砂丘の川側によく下りてきたので撮るには都合が良かったが、やはり遠かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.15

逆光の中のモズ

Mozu2059800ssttc_filtered
鏡ヶ成ではモズも遊んでくれた。広い原っぱのあちこちに姿を見せてくれた。逆光のこの写真を撮っていると、ガイドに案内されて団体客がぞろぞろ通りかかったので、近寄りたかったが飛ばれてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.06.11

鏡ヶ成のホオジロ

Hoojiro20861024stt
Hoojiro20901024sscgttt_filtered
Hoojiro2104800s
Hoojiro2107800s
06.6.11 広場の奥の丘に上ってホトトギスを撮ったあと朝食のパンをかじっていたら、後ろの方でこの子の声がしてきた。そっと覗いてみると意外に近いところで囀っていた。近いので草が邪魔になったが我慢するより仕方がなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホトトギス

Hototo20811024sstttc
Hototo2080800sc
Hototo2075800ssctt
Hototo2076800ssctt
06.6.11 早朝鏡ヶ成に行ってみた。ホトトギスやカッコウが出てきそうな感じがしたからである。カッコウは声だけだったが、ホトトギスは鳴きながら上空を飛んでいる姿がしょっちゅう見られた。草原の南端の林でも鳴いたが、下からでは姿は探せなかった。その林を見下ろせる岡に登ってみたら、何と一番手前の木に舞い下りて来てくれたではないか。なかなかこういうチャンスはないだろうと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »