« April 2006 | Main | June 2006 »

2006.05.31

Ooyosi2019640ssc1_filtered
06.5.31高速連写ではやはりノイズが目立つ。Neat Image で処理すると少しは良くなるようだが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

風の中のオオヨシキリ

Ooyosi1984640ssc
Ooyosi2026640sscc
Ooyosi2030640ssscc_filtered
Ooyosi2019640ssc
06.5.30 昼休憩に米子水鳥公園に行ってみた。目新しいものは居ないようだったので、帰りかけていたとき、もう一度橋の袂に車を止めてみた。オオヨシキリが盛んに鳴いていた。道路を歩いてみたが、直ぐ傍で鳴いているのに姿が見えなかった。最後に、東の方の池の岸の葦の叢を見てみたら姿が見えた。もう撮影する時間がなかった。が、急いでデジスコをセットして急いで撮って帰った。急いでいたので連写は急速連写になっていた。ISO200だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.28

ヤマガラ見え隠れ

Yamagarab1912800s
Yamagarah1913800ss
06.5.28 米子ハイツ梅園でホオジロを撮っているとき、ひょこっと目の前にヤマガラがやってきた。3,4mと近かったので、木の葉で隠れてしまっても、こちらが動くことが出来なかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホオジロに出会った

Hoojiroh1885800ttscg
Hoojirob1937800s
Hoojirof1871800sscg
Hoojiroh1930800ssc
06.5.28 大山からの帰りに、久し振りに米子ハイツの梅園に寄ってみた。冬にはミヤマホオジロに出会った所だ。ぐるっと回ってみて何も居ないのですぐ帰ることにした。将に梅園を出ようとしたとき、ツツッと声がした。ホオジロが4,5羽近くの梅の木にやってきた。始めはメスを見てカシラダカかと思った。虫を咥えたものもいたので、近くに巣があるのであろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.24

朝のキジバト

Kijibatob1767stc
Kijibatob1746stc
Kijibatoh1754stc
Kijibatob1723st
06.5.24 近頃、朝早く近所でよく鳴くキジバトが居る。今日は二階の窓からちょっと遠かったので接眼の倍率を30倍と48倍で狙ってみた。Z850の方も最後はテレ端で撮ってみた。思ったよりシャープに撮れていた。鳴くときに咽喉のあたりを膨らすところも撮れていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.23

キジバト

Dscn7091640tt

| | Comments (122) | TrackBack (0)

2006.05.21

仔スズメ

Kosuzume1700640sscg_filtered
06.5.21 夕方屋根のてっぺんで盛んに鳴いていた。今日は親と別行動を取っているのだろうか。一人立ちしたのにしては、鳴き方が幼すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.20

大山のシジュウカラ

Sijuub1677800ttcg_filtered
Sijuub1674800ssttcg
Sijuu1680800sstt
Sijuub1675800ssc
06.5.20 大山横手道の小鳥の道を初めて歩いてみた。夏山登山道入り口より少し桝水寄りの鳥居のあるところから山道に入った。
思ったより上りがきつかった。途中にコンクリートの水槽が2箇所あった。桝水原のリフトの見えるところまで歩こうと思ったが、だんだん鳥が見られなくなったので、途中で引き返した。ずーっと上り続けるので、ちょっと草臥れたこともあったからだが、5kgのデジスコセットがなかったらそれほどでもなかったかも知れない。
 帰りに低い方の水槽の傍でシジュウカラが撮れた。トラツグミとみられる鳥もちらっと姿を見せたが、撮影の体制になく、こっちが動いたため飛ばれてしまった。しばらく鳥が来なくなったので、帰ることにして水槽の傍に寄ってみたら、中からヤマガラが飛び出してきた。やってきたのに気付かなかった。今度は夕方ではなく、早朝に来て見たいところだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.05.17

すずめの親子

Soyako1655800ttsc
Soyako1656800ttsc
Soyako1657800sttc
Soyako1658800ttsc
06.5.17 スズメは確かに巣立っていた。親が餌を運ばなくなった日は、雛と思われるスズメの鳴き声が庭木の中で続いていた。屋根の上では疲れたような親鳥が見られた。そして昨日は、巣のある屋根の上のアンテナに親子の姿があったのだ。小スズメが親鳥の隣で餌をねだっている姿を撮ることができた。二羽を発見してから急いでデジスコの機材を二階から屋根裏部屋に運び上げ、急いで撮ったので、細かい設定が不十分だった。画像は立派ではないが、親子の姿が微笑ましく写っているので満足だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.15

疲れたスズメ

Suzume1599800sttc
Suzume1609800sctt
06.5.15 朝、子育てスズメを見てみた。が、餌を運ぶ姿が見られなかった。子スズメの餌をせがむ鳴き声も聞えなかった。毛膨れた親がやってきた。毛を立てて膨らんでいるときは、きっと体調が良くないのだと思う。近くの柿の木で盛んに鳴いているスズメがいたが、巣立ったばかりの雛かどうかは確認できなかった。あまり移動せずに鳴き続けているところか、雛に間違いないだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.05.13

ゲッ!カードがない

Hakuseki1546640scg
06.5.13 小雨の午後飯梨川河口の西岸に初めて行ってみた。雨はたいしたことはなかったが風が強くデジスコには向かない日だった。直ぐに引き返すことにした。途中の田んぼにハクセキレイがいた。近くで撮らせてくれたが、一枚撮ってすぐメモリーがいっぱいだというではないか。なんと、SDカードを入れ忘れていた。内臓メモリーは8MBあり丁度一枚で使い尽くすことになる。内臓メモリーの画像をSDカードに移すことを始めてやってみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.10

雨の中の子育て

Suzume1456800sstc_filtered
Suzume1463800tsscg_filtered
Suzume1466800ttsscg_filtered
06.5.10 今日はズーム接眼のズームを最高に上げてみた。48倍だったかな。カメラのズームは流石に最高に上げるのは止めておいた。ケラレが右端に少し出ていた。
 雨で午後4時を過ぎていたので暗かった。SSが1/10を切っていた。一枚撮って、次に初めて高速連写を使ってみた。やはりノイズが目立った。何故か暗い絵になっていた。
 とにかくスズメが静止してくれないので、ピントを合わせる暇がなかった。屋根に下りたと思うとすぐ屋根裏の巣に向かって飛び出していった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.09

子育てスズメ4

Cimg1446motion_filtered
Cimg1447motion_filtered
Cimg1448motion_filtered
06.5.8今日も日中に子育てスズメを撮ってみた。今日は屋根に下りるとすぐに屋根の下に飛び込んでしまって、ピントを合わせる間がなかった。忙しそうだった。雛が大きくなって沢山の餌が要るようになったのであろう。そこで、動画に切り替えて撮影し、飛んでいるところを切り出してみた。素早い動きなので、とても静止画では撮れない絵が出来たが、ブレは流石に大きい。ゆっくり動いているときならもっと鮮明に撮れるであろうが、次の機会を待つことにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.07

今日のデジスコ

Kiasisigi1281800sscjit_1
Isosigi1236800ssttjit
Daisagi1353800ssttc
Aosagi1350800ssttc
Ooyosikiri1380800sscg
06.5.7 錦公園でイソシギとキアシシギが撮れた。米子水鳥公園で今年初めてオオヨシキリが撮れた。午後4時だったが、どんよりと曇った日でかなり薄暗くなっていた。ネーチャーセンター小屋からはダイサギとアオサギを撮ってみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子育てスズメ3

Suzume1176800ssc
06.5.7 今日もせっせと餌を運んでくる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.05.06

子育てスズメ2

06.5.6 お隣の屋根裏で子育てが続いている。巣は屋根裏なので我が家の方向からは見ることが出来ない。AT62sにEX-Z850をつないでいるのだが、接眼レンズはズームなので、ターボアダプターがなく、カメラブラケットもない。自作のブラケットを少しづつ修整して何とか使えるが、光軸が会わせ難く、充電の度に光軸合わせをやらないといけないので不便である。照準器の接続方法も少しづつ改良しているが、いまひとつ不十分である。Suzume11521024sttcg
Suzume11541042sttc
Suzume1158stts

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.03

大山で逸機

Kawarahi2w0898800stt
Kawarahi3w0903800sstt
Yamagara0949800sc
Sijuuga0874800stt
06.5.3 3度目の大山で、キビタキはだんだん出てこなくなった。人通りが多かったせいかも知れない。場所を変えて寂静山に向かう道路の入り口付近でデジスコを構えてみた。クロツグミの声に誘われて林に踏み入ったとき、撮影の好機があったが、デジスコから離れたときだった。大きな鳥がふわーっと下りて来てたのに、大きな木の幹の陰に隠れて見えなかった。横に移動して双眼鏡で見たら、なんとびっくり、フクロウだった。デジスコ持ったまま移動していたら撮れていたかもしれない。デジスコやっているときは、デジスコを手から離してはいけない、という教訓は重い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »