« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.29

雑木林のツグミ

tugu-haraB5329ss640c
tugu-kiB5335ss640c
tugu-kiB5337ss640
tugu-miaguB5338ss640c
tugu-kiB5339ss640r
06.1.29 根雨にオシドリを見に行った帰りに、我が家のちっちゃな雑木林に立ち寄ってみた。近くの畑からツグミが次々と飛び立った。どんぐりの高い木に止まったときは、下から撮らせてくれた。
低いところでは近寄らせてくれなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.28

オナガガモ♀

onagaF6286ss800t
onagaF6296s800t
onagaF6298s800t
onagaF6285s800tc
06.1.28米子水鳥公園でOptio750Zを試してみた。アダプターの上等なものがあれば、もっといい写真が撮れるように思われた。
ピントが合いやすく、動いている被写体も難なく撮れてしまうといった感じであった。E5200だと失敗作ばかりという風な撮り方をしても、結構歩留まりが良かった。連写がスーパーマクロ・モードのため利かないのが惜しい点だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.21

安来平野のノスリ

nosuriB5198ss640c
nosuri5197ss800ctt
06.1.20 安来平野にコハクチョウを見に行った。マガンやコクマルも見れたらいいな、と思っていた。マガンは大群が広い範囲を飛び回るところが見られたが、近くに降りてくれなかった。白鳥ロードを移動中に電線に大きな鳥がいた。トビでなかったのでデジスコで撮って帰った。デジスコの調節が十分でないときに飛んでしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.20

マガン

magan4951-S
magan4955-S
magan4943s800c
magan4961-S
06.1.15
安来平野にはコハクチョウばかりではなく、マガンの群もやってきて田んぼで餌をあさっていた。出雲では脚が見えなかったが、ここでは見えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.15

ミヤマガラス

miyamag4945ssc800
miyamagN4975ss640c
miyamag5031ss800
miyamag5034ss640c
kokumaru5046ss640
06.1.15 安来平野で大群に出会った。遠かったり空抜けだったりで写真としてはみんなよくなかったが、初めての出会いということで、満足だ。コクマルガラスが2羽混じっていた。淡色型と暗色型だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.11

カイツブリ1,2,3

DSCN4572ss640
DSCN4577s640
kaituburiB4590ss800t
DSCN4575ss640
06.1.9 彦名干拓地の池にカイツブリが盛んに潜っては浮き上がって相手をしてくれた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.08

コハクチョウ

kohakuback4406sttt
kohakuH4506ss640t
kohakuH4506ss640t
kohaku4427ss640t
kohakuB4418sst800
06.1.8久し振りにコハクチョウが日中に近くで見ることが出来た。
何時もは日中はみんな安来の餌場に行って、米子水鳥公園はお留守になっているのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.07

スズメと遊ぶ

suzume4175ss640
suzumeB4225ss640yane
suzume4254ss640
suzumeB4191ss640-ji
06.1.8 米子水鳥公園のスズメと遊んできた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.02

新春のタゲリ

tageriH4091sscr-ji
06.1.2 マガンの大群に会うために出雲平野に遠征したが、会えなかった。辺りの田んぼをうろうろしていたら、全く偶然に一羽のタゲリの姿を発見した。デジスコ開始したところで、もっと先の方に沢山いることが分かった。飛ぶ姿が印象的だった。丸みを帯びた黒い羽根に白い大きな班が見事だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »