« August 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.31

ゴルフスイング試行錯誤

1/31  腕をリリースしてダウンブローに振り抜く

  ダウンスイングでは、早々と腕の力を抜き去ってインパクトからフォローにかけては、
 ただただ遠心力で腕が振れている感じが出せればとっても良いようだ。
 遠心力で腕が振り払われるのだが、その上でダウンブローにクラブヘッドが下りて
来るようにするのである。これが出来るとインパクトゾーンで手でクラブを操ることが
ないので、ボールは真っ直ぐしか飛ばない、と思う。

  アドレスで、クラブと腕の角度を意識する。
 ハンドダウンに構えるので角度は150度(30度)位になる そのときスタンスとボール
との距離が自然と決まってくる。遠いなと思ったら必ず近づくようにする。

  バックスイングでは、クラブ腕角度を保つように丁寧に行なう。左肩が十分回って
 トップに至れば、そこでちょっとクラブヘッドを下げるようにする。この動作が案外良い
 結果をもたらす様だ。トップで少しフックフェイスにする感じである。ただフェイスの向
きより、この小さな動作が、トップで間を作り、切り返しの タイミングを整えてくれる
ことの方が、遙かに大きな要素だと感じられる。

  ダウンスイングは、今一生懸命ものにしようと練習している右腰支点の遠心力打
法が、やはり最高だ。右腰がボールの位置まで回りこんできてダウンスイングの支
点となるイメージである。これが出来ると、腰の回転が大きくなり、フィニッシュで右
踵が完全に立ち上がり、更に踵が外側に振り出される。それほど腰が回転している
ので、フィニッシュでの両肩を結んだ線は打球方向と一致する。シャフトは首にぶち
当たるのでクラブがよく振りぬけたことが分かる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

デジスコ写真ヤマガラ

yamagara-hps_filtered

何とかスコープに捉えることが出来ました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.01.28

ヤマガラが庭に来ていた

05.1.28 ヤマガラ来訪

玄関先の庭木にヤマガラが来ていた。5,6m先から3m位のところに近づいてきた。玄関の扉の音でさっと飛び去った。近くにメジロも来ていた。ヒヨドリが居ついていて小さい鳥は大抵は追い払われてしまうのだが、丁度ヒヨドリが留守のときにやって来たようだ。写真に撮る余裕はなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.23

デジスコ・スコープ不具合

ジオマED67-Sはデジスコに向かないことが分かった。
どうもピントが合わないと思っていたら、今日DIGISCO.COMを見ていて
相性が良くないところに振り分けられていた。腕が悪いとばかり思っていたら
そうではなかったようで、これでまたやる気が出てきた。
いっそ、スコープを変えてやろうか。と考えるようにもなった。
デジカメとセットで売り出されていたのに、適正診断ではそれほどでもないらしい。

 と書いた後で、(自己レスでも書いたのだが)
DIGISCO.COMを見直したら、デジスコに向かないのはEDでない方だった。
EDの評価はまだ出ていないのかも知れない。レタッチすれば今でも何とか
見られる写真ができるので、このままもう少し腕を磨くべきかも知れない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.01.22

ヂジスコ写真オオバン

oban-844_filtered

動き回るオオバンは、動きが遅いとはいえ、撮影には大変てこずった。
光の具合もありモニターが見難くピント合わせが難しかった。
レタッチをいっぱいやって、やっと少しは見られるようになったかな?
あんまり綺麗な鳥じゃないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.21

デジスコ写真ヒヨ

dig-hiyo3_filtered

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.01.01

デジスコ開始元年

昨年末にスコープを買った。ジオマプロED67-Sだ。高級品ではないが入門者には
ほどほどのものだと思う。ターボアダプターG1でC00LPIX5200を接合してヒヨドリを
撮ってみたが、スコープのバランスが悪く、雲台が固くて動き難く、そこらを改良しないと
なかなかうまく撮れないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | February 2005 »